冷凍でも美味しいうなぎの食べ方

冷凍のうなぎは、お店で食べる物よりも格安で購入することができるという魅力があります。さらに冷凍ですから長期間保存しておくことができるというのも利点です。

食べ方も簡単で、お湯で温めるだけであったり、レンジでチンするだけで自宅で本格的なうなぎが食べられるのがいいところでしょう。しかしやはりお店で食べるものと比べると、味が落ちると感じてしまうこともあるでしょう。

冷凍でも十分おいしいうなぎですが、ちょっとだけひと手間をかければ、さらに美味しくすることができます。いくつかやり方があるのですが、どれも自宅ですぐにできることですし、とても簡単なことばかりです。また冷凍うなぎを家で美味しく食べるためのポイントとして、ついているうなぎのタレだけでなく、市販のものを用意しておくとよいでしょう。なぜなら冷凍のものだと袋にタレがくっついてしまっていたりしてタレが少なくなってしまう可能性があるからです。

またご飯にあらかじめタレをかけておけば、味もしっかりと付いてさらに美味しく食べることができるようになります。
ちょっとしたひと手間とたっぷりのタレで冷凍うなぎをお店で食べるような美味しいものにかえることができます。

ちょっとしたひと手間でうなぎがふっくら

通常の冷凍食品の場合は、食べる時の手間をかけないで済むようにレンジで温めるだけで食べることができます。しかし温め方法をちょっと変えてみるだけで、本格的なうなぎに変化させることができるのです。まずすぐできるのがフライパンで温める方法です。うなぎの皮の部分を下にしてフライパンで温めていきます。火は弱火で焦げないように気をつけながらお酒を振りかけて、蓋をしめます。

このお酒がポイントでお酒で蒸し焼きにすることでふっくらとした仕上がりになります。水分がなくなったらタレをかけて完成です。この時にタレを多少焦がしたりすると香ばしい香りがついてなおよい感じに仕上げることができます。

トースターを利用したやり方でもパリッとした触感の仕上がりにすることが可能です。ちょっと手間がかかるのですが、半解凍にしてアルミホイルを敷いたトースターで焼いていきます。途中でタレをつけて何度か焼いていくと表面はパリッとしているのに中はふっくらとした触感に仕上げることができます。

タレを何度もつけて焼くので香ばしい香りが漂ってきて食欲をそそるものになるでしょう。
その他にも魚焼きグリルなどで解凍するのではなくちょっと焼いてあげると美味しく仕上げることができます。