簡単にうなぎを温める方法

うなぎを買ってきて家で美味しく食べようと思ったら、温め直す必要があります。ですがフライパンを出してくるほどではないと言う場合には、電子レンジを使うことがおすすめです。
うなぎの蒲焼きを電子レンジで温める時には、ちょっとしたコツがあります。

そのまま温めた場合には、パサパサとした食感になってしまうこともあるからです。
うなぎを美味しく温めたい時には、少量の料理酒などを使う方法があります。大さじ1から2杯程度の料理酒をかけて、ラップをして温めればふんわりとした食感のうなぎになります。
ラップはピッチリかけるのではなく、ふわっとかけた方が良いでしょう。お酒の水分が浸透して、蒲焼きもふっくらと仕上がるようになります。加熱時間にも気を配っておきましょう。

通常の家庭にある電子レンジならおよそ1分ほどで温まります。600ワットタイプであれば、もう少し短くても問題はないでしょう。お酒が苦手な方や、子供に提供する場合にはお皿の底にお酒を入れておけば問題ありません。うなぎに直接お酒が触れないように、蒲焼きの下にお箸などを敷いておくと良いでしょう。
蒸気さえ触れればふっくらと仕上げることができるので、試してみましょう。

他にも使えるアイテムがある

ラップだけではなく、クッキングシートを使ってもふっくらとしたうなぎの蒲焼きを食べることができます。お酒をかけたうなぎをクッキングシートでくるむだけなので、簡単に仕上げることができます。クッキングシートはお酒が蒸発した時も空気を通すようになっているので、しっかりアルコールが飛んで美味しく仕上げることができるようになっています。

電子レンジでうなぎの蒲焼きを温めたいなら、お酒を用意することが一番です。もちろんお酒がない場合には、ラップをふんわりかけて身を上に向けてレンジでチンするだけでも問題なくふっくらとしたうなぎの蒲焼きが出来上がります。

レンジを使うだけでも、十分に美味しい蒲焼きを食べることは可能です。もちろんフライパンやグリルなどを使う方法もありますので、タレをじっくり染みこませたい場合には、フライパンにタレを入れて煮込む方が良いでしょう。手軽にうなぎの蒲焼きを温め直したい時には、電子レンジが活躍するので覚えておきましょう。

温めずに食べたり、温め過ぎてパサパサになったうなぎよりも美味しく頂けるようになります。加熱時間も少しだけなので時間もかからず、すぐに買って来た蒲焼きを使用したい時にぴったりです。