うなぎ200gってどれくらいの量なの?

うなぎ200gは白焼きやかば焼きでうなぎ1本か2本くらいの量になります。お店によってはひつまぶしの分をプラスしたり、きも吸いをつけたりしてだいたい3000円から4000円くらいの価格で販売していることが普通です。きざみうなぎで200gなら家族全員でひつまぶしを楽しむのに十分な量ですし、簡単においしく食べることができるのできざみうなぎを購入する人も増えています。

デパートの特産品や通販の極上品ではうなぎ2尾で5000円くらいするものもあり、ギフトセットとして最適です。専門店ではたれも秘伝のものをつかっていたり、たっぷりと別パッケージで用意してくれていますから割高感を感じることは少なく、むしろ高級感のあるうなぎを食べるのにふさわしい量だと思えるはずです。老舗のうなぎを特大サイズで販売している通販店も珍しくなく、注目されていますが1尾で200gといったサイズで量が多いというよりも1尾のg数が多いのが特徴で、専門店のこだわりの味を自宅で試してもらいたいというお店側の赤字覚悟の特売であることがほとんどです。専門店の熟練の味を自宅でも再現できるように配慮され、研究されつくされているところも魅力ですし、お値段に加算されているといえます。

うなぎをおこわやお茶漬けで食べてみては?

200gは約1尾の大きさですから、家族全員で食べるのはやはりかなりの出費になります。それならおこわを購入してみるのはいかがでしょうか。国産うなぎを甘辛たれでふっくらと焼き上げてからお米と一緒に蒸しています。ミニどんぶりくらいの量ですが、200gあれば家族4人分になります。電子レンジで温めるだけで食べられますので自宅の常備食にしたり、具合が悪い時用、忙しい時用の非常食として活躍してくれます。一人分でうなぎを食べるのはなかなか難しいですが、どんぶりタイプであれば食べやすく、いつでも食べられる贅沢も味わえます。

味がたっぷりしみたご飯を食べられますから、満足感も高めです。うな茶漬けも便利です。1人分30gもあれば十分ですし、のりやわさび、出汁で食べられるので味のバリエーションも楽しめます。食欲のない時やお酒のあとのしめにもおすすめです。おこわやうな茶漬けでは食べにくい皮の部分が処理されていますから、魚の臭みが苦手な人でも食べやすくなります。一口サイズのおこわになっていたり、個別包装されていますので必要な時に気軽に食べられます。肝のうま煮、うまき卵、きも吸いなどと一緒に購入すれば贅沢な食事にもなりますし、おもてなしにも最適です。