天然の方がやはり高い

うなぎは夏バテ対策として古来より食べてこられましたが、うなぎは常に高級食材のイメージが世間ではあります。特にうな重専門店の場合、安くても2000円はしてしまいます。これではとても昼ごはんには食べられるものではありません。では自力で調理しようと考えても、やはり海外産養殖ですら、高いのが現状です。夏バテに有効なので安いと助かりますが、近年のうなぎの漁獲量からして安くなることは当分ありません。

そもそもうなぎには天然ものと養殖ものの2種類が存在します。天然ものは漁獲量が少ないため、どうしても養殖ものと比べ、値段が高騰しがちです。漁獲量が少ないと書きましたが、その理由としては、昔の日本の環境が影響しています。かつて日本中にうなぎがいたのでうなぎは珍しい存在でもなく、現在よりも値段は控えめでした。

ただ高度経済成長期に生活排水により環境が汚染されたことでうなぎの生息数は年々下がっていきました。そのため、うなぎの希少価値が上がり、天然・養殖問わず値段が高騰しました。現在では川の水質は改善され、以前のように綺麗な川が戻ってきましたが、生息数が増えることはありません。それどころか生息数は今もなお減少しています。

獲によって、値段は上昇している

天然ものは数が少ないので天然ものが駄目なら、養殖に力を入れるべきだと考える人も多くいます。養殖ものは天然ものよりもくせのない味となっており、育成環境によっては脂が乗った状態で出荷することができます。

ただ一から養殖する技術は開発されていますがまだ研究段階で実用化は当分先とされています。なので海にいるシラスウナギの稚魚を捕まえていけすで成魚になるまで育てる必要があります。ちなみに、シラスウナギはうなぎの稚魚の名前です。

なので元をたどれば、自然界にいるものを養殖して、販売していることになります。このことが何を意味するかというと、養殖ものの分を確保する為に、シラスウナギを乱獲することになります。なのでシラスウナギを捕まえるほど、実は天然ものの生息数が減ることになります。これに対し、日本はシラスウナギの捕獲および、養殖に関して許可制を設けています。

ただ海外では許可制や漁獲制限が厳しくないところが多く、乱獲が後を絶たないのが現状です。なのでこのまま行けばうなぎは安い値段で買える日が来るどころか、食べることすら出来ない日が訪れるかもしれません。ただ、人間が乱獲を止め、うなぎの生息数回復に努めれば、昔のように安く食べられる日が来るかもしれません。