うなぎの骨が刺さった時に注意すること

うなぎが美味しい季節になると、スーパーなどの食品を扱うお店で販売されるようになります。お店で販売されているうなぎは骨が全て取り除いてあることが多いので、のどに骨が刺さる心配をする必要はありませんが、稀に小さな骨が残っている事があります。表面を見ただけでは骨が残っているのか分からないので、子供やお年寄りが食べる時には注意しなければなりません。

喉に違和感を感じた時の対処法として、ご飯をそのまま飲み込むという方法がありますがこの方法は危険が伴う場合があるのでおすすめできません。食べ物を飲み込む力が弱い、子供やお年寄りがこの方法を試してしまうと喉にご飯が詰まってしまう恐れがあるので危険です。飲み込む力が強かったとしても、ご飯が喉に出来た傷口を広げてしまったり、骨が取りづらくなるので注意しましょう。

うなぎを食べた時に喉の違和感を感じた場合は、無理をして異物を取り除こうとするのではなく自然に溶けるのを待つようにしましょう。小さな骨であれば時間が経過すると溶けてなくなってしまうので、違和感を感じなくなります。しばらくの間は違和感を我慢しなければなりませんが、症状を悪化させないために自然と異物が無くなるのを待ちましょう。

症状が悪化した場合は医師の診察を受ける

うなぎを食べた後に、のどの違和感や痛みを感じた場合は異物が溶けてなくなるのを待つのが正しい方法ですが、時間が経っても症状が改善しない場合や症状が悪化した時は必ず医師の診察を受けるようにしましょう。傷口が化膿していたり、大きな異物がある場合は薬を処方してもらったり適切な処置をしてもらう必要があります。

違和感や痛みを放置しておくと、食べ物を飲み込む事が困難になる可能性もあるので、注意が必要です。小さな骨が刺さる場合は異物を取り除いた後も違和感や痛みを感じるケースがよくあります。喉はとても敏感なので少しの違和感や痛みでも感じてしまいやすいです。喉の状態を自分で確認することはできないので、不安な場合は早めに診察を受けて喉の状態を確認してもらいましょう。

異物が喉に刺さると、生活に支障が出てしまうほど違和感や痛みを感じてしまいます。自宅でできる対処法は気軽に実践することが出来ますが場合によっては効果が無い場合や、症状が悪化してしまうので注意しなければなりません。自宅でできる対処法を試しても症状が改善しない場合は、放置するのではなく医師による診察を受けて処置をしてもらう事を心がけましょう。