うなぎは何グラムがちょうどよい1人前の量

山間部の貴重な蛋白源として食されていたうなぎは、昔から将軍への献上品として扱われるほど豊富な脂の中にある旨みや食べごたえのある身が特徴です。そのためうなぎは昔から高級魚として扱われてきたこともあり、現在でも養殖システムの確立で手軽に食べられるようにはなっていますがそれでも一般の魚に比べれば高級魚に匹敵する値段となっています。

高級魚の一つとして数えられていることに加えて土用丑の日のように縁起物としても扱われているうなぎのため、もちろんスーパーでも購入して自宅で食べるのもありですがやはりお中元など贈り物としても喜ばれる品物でもあります。ただ贈り物として送る場合において考えてしまうのは何グラムがちょうどよい1人前の量なのかということです。

いくら喜ばれる品であっても、あまり大きすぎるものを送ってしまうとご大層なものを送られたと思い謙遜の心が生まれてしまうことに加えて食べきれないことで捨ててしまう場合も起こりうることです。そこでうなぎは何グラムがちょうどよい1人前の量とはどれくらいがベストなのかというと、その何グラムがちょうどよい1人前の量としては1人前100グラムから140グラムが適正といえます。それ以上の150グラムから190以上になると1人前では多くなりすぎてしまいます。

余ってしまった場合の保存方法

スーパーで購入する場合においては自身でラベルを見て適正量である1人前100から140グラムを選ぶこと出来ますが、それが贈答用で送られる場合には贈答用は喜ばれることが大事なので大型のものを入れていることが多く適正量を送ることはやはり難しいです。その適正量を超える150グラムから190以上を送られたときに考えたいのが、そのうなぎが出来るだけ長く楽しめる保存方法ですです。

そして個人によっては適正量である100から140グラムでも多い人もいると思うので、適正量であっても保存方法を知っておくことは便利といえます。この保存方法を知っておけば、仮に半分に切って食べたとしても確実にまた美味しいうなぎを食べることが出来ます。その保存方法としてはうなぎの表面に雑菌がつかないように、表面をコーティングする目的で付属のタレをまんべんなくつけます。

そして空気に触れると酸化して堅くなってしまうので、面倒ではありますが適正量に切った後に一枚ずつ空気に触れないようにサランラップで包んで冷蔵保存します。冷蔵保存できる期間は最低でも3日から1週間を目安にし、その期間内で食べきるようにすると安全に食べることが出来ます。